AkiIroブログ

初心者なりにUnityとVRまわりのことについて書いていきます。

Steamworks使い方(覚え書き)

はじめに

www.youtube.com

ほとんどこの動画の焼き増しのメモです。

Steamからテストダウンロードをしてみるまで

  1. Steamworksをインストールする
  2. Depotsを配置する
    ここまでで初期化が終わります。
  3. ゲームのファイルを準備する
  4. ゲームをSteam上にアップする

Depotsを配置する

f:id:AkiIro:20170109231151p:plain

基本的にはここをクリックしていけるAppAdmin(アプリデータ管理)で作業します。

  1. Lanch Optionsを設定する

サイトのSteamworks> AppAdmin> AppName(アプリの名前)> Installation(インストール)> Configuration(一般)から設定

  1. DepotIDとAppIDをメモしておく
    DepotIDはSteamworks> AppAdmin> AppName> Installation> Depots
    (現在はSteamworks> AppAdmin> AppName> SteamPipe>Depots(デポ))
    から確認できます。

  2. Steam(Valve)に公開する(この段階で世界に公開されるわけではない)

サイトのSteamworks> AppAdmin> Appname> PublishからViewDiff(差分表示)してPrepare for Publishing(公開の準備)、そしてPublishSteam(Steamに公開)

ゲームデータを準備する

フォルダSteamworks_sdkを開く

app_build_1000.vdfを編集する

tools/ContentBuilder/script/app_build_1000.vdf
1000の部分は自分のAppIDで書き換えます。


"appbuild"
{
        // 自分のAppIDで書き換える
    "appid" "100"
    "desc" "Your build description here" // description for this build
    "buildoutput" "..\output\" // build output folder for .log, .csm & .csd files, relative to location of this file
    "contentroot" "..\content\" // root content folder, relative to location of this file
    "setlive"   "" // branch to set live after successful build, non if empty
    "preview" "0" // to enable preview builds
    "local" ""  // set to flie path of local content server 
    
    "depots"
    {
                // 自分のDepotIDとファイル名で書き換える
        "1001" "depot_build_1001.vdf"
    }
}

depot_build_1001.vdfを編集する

tools/ContentBuilder/script/depot_build_1001.vdf
1001の部分は自分のDepotIDで書き換えます。


"DepotBuildConfig"
{
        // 自分のDepotIDで書き換える
    // Set your assigned depot ID here
    "DepotID" "1001"

    // Set a root for all content.
    // All relative paths specified below (LocalPath in FileMapping entries, and FileExclusion paths)
    // will be resolved relative to this root.
    // If you don't define ContentRoot, then it will be assumed to be
    // the location of this script file, which probably isn't what you want
    "ContentRoot"   "D:\MyGame\rel\master\"

    // include all files recursivley
  "FileMapping"
  {
    // ゲームデータのパス
    // This can be a full path, or a path relative to ContentRoot
    "LocalPath" "*"
    
    // This is a path relative to the install folder of your game
    "DepotPath" "."
    
    // If LocalPath contains wildcards, setting this means that all
    // matching files within subdirectories of LocalPath will also
    // be included.
    "recursive" "1"
  }

    // but exclude all symbol files  
    // This can be a full path, or a path relative to ContentRoot
  "FileExclusion" "*.pdb"
}



ゲームデータを配置する

depot_build_1001.vdfで設定したパスにデータを置きます。相対パスで書く場合、tools/ContentBuilder/contentがアタマになるようです。
普通windowやmacなどでビルドを分けると思いますが、content/windows_contentなどで分けるのが普通のようです。

ゲームをSteam上にアップする

あくまでSteam上にアップするだけで世界に公開するのとはまた別です。

steamcmdを起動する

Windowsならsteamcmd.exe
tools/ContentBuilder/builder/steamcmd.exeにあります。

f:id:AkiIro:20170110010932p:plain

こんなのが開きます。

コマンドを打ちます。

  • run_app_build "E:\hogehoge\sdk\tools\ContentBuilder\script\app_build_1000.vdf"

    Steam上で扱える形にビルドを行う
    ゲームデータが大きいとそこそこに時間がかかる

アップしたビルドのブランチを設定する

サイトのSteamworks> AppAdmin> AppName> Bulds
(現在はSteamworks> AppAdmin> AppName> SteamPipe> Builds(ビルド))

f:id:AkiIro:20170110012211p:plain

公式の動画のキャプチャですがこんな風になっていればアップが出来ています。

ブランチをdefaultにしてPreviewChange(変更をプレビュー)し、SetBuildLiveNow

Steamを起動してみるとライブラリに追加されているはずです。お疲れ様でした。